熊本地震其の後 熊本市仮設住宅
熊本障害者フォーラムの仲間と、熊本市秋津に出来た、仮設住宅
を見せて頂きました
d0009738_4303836.jpg

広々とした気持ちのいい公園でしたが、仮設の住まいが
56戸、スロープが設置されてるところは、一割、との事ですが
移動しやすいようにしてある、アスファルト・・暑い!
d0009738_4303885.jpg

生活する中で、住む方々が、どう進化させるのか
住みやすい仮設に、進化させてほしいものです
d0009738_4303878.jpg

スロープの巾など、多くの震災で改善されてる様です
手摺の裏側の角の面取りをお願いしました
d0009738_4303814.jpg

玄関にこの段があるのは、色んな意味で役立つと思います
雨の侵入防止、砂の踏み上げ防止 マットを置いた時の収まりなど
段の有効利用がバリアフリーの基本です、個人の自宅にも取り入れて下さいネ
段が厳しい時には、後ろ向きに入り、大きいいタイヤの方で、段差を超えてください
d0009738_4303892.jpg

オット、目の前に、洗濯機・・・
d0009738_4303893.jpg

片方の引き戸は固定されてましたが、固定を外して、逆から入ればいいのかも
住みながら、使い方の工夫
d0009738_4303880.jpg

雨水の排水も考慮してあります、元々は、フラットな公園
大変だったことでしょう
d0009738_4303863.jpg

建物の裏側に雨どい、地下浸透です
d0009738_430385.jpg

仮設の住まい、活用できるように住む人が工夫を重ねて、快適な暮らしが
出来る様に頑張りましょう
使えないところを数えるよりも、出来た仮設を、どう使いこなすか
でも、使えないところは、要望を出して、改善してほしいものですネ
[PR]
by ogura-j | 2016-07-02 04:30 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
<< 熊本地震其の後 熊本市仮設住宅 2 夏の予感 >>