熊本地震の其の後取り組み修学旅行
d0009738_4253219.jpg

和歌山県の小学生が、自分たちで計画して、被災地を見て、学びに来てくれました

d0009738_4253275.jpg

西原村の職員さんも、ボランティアで講師を務めて頂きました、
わざわざ作っていただいた資料、
本当に良くまとまって小学生にもわかりやすかったと思います

d0009738_4253367.jpg

担当の先生ですが、学校の習わしで、先生とは呼ばないのが習わしだそうで
 名前で呼んでまして、一緒に学んでる雰囲気が伝わります

被災した時に、自分の安全の確保と、周りの人達えの
心遣いが出来る様に、日々の防災意識を高めてほしい。

d0009738_4253322.jpg

益城町の被災地を回って、地震の恐怖を見てから、西原村に来られました

d0009738_4253334.jpg

引率の人の見た目と

d0009738_4253335.jpg

自分たちで企画してきた目と、帰ってからの話し合いも勉強になることでしょう

d0009738_4253327.jpg

多くの学校が、修学旅行の行き先を変更する中に、自分たちで、
勉強したいことを選びに勉強に来てくれる、
少しでもお役に立てたならうれしいです。

d0009738_425346.jpg

折角のTVでしたので、観光面も考えるなら、役場の方たちが、
日曜日も返上して、歓迎して頂いた事にも、
触れてほしかった気はしますが・・
生徒さんたちは喜んでくれたことでしょう。

有難うね、熊本復興にも少しづつ頑張ります。
[PR]
by ogura-j | 2016-11-15 04:25 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
<< 熊本地震の其の後 紅葉が秋 小宇宙 >>