ふわり部屋紹介 4
トイレ畳二枚分の広さがあります
介助者の方の立ち位置も十分に取れます
d0009738_17314979.jpg
便器横にケアークリックもつけて器具の洗浄もしやすく
便器の向きは、車椅子が寄り付きしやすく、介助に不慣れな方でも
介助が必要な方を最小限の移動で便器に移乗する手助けができるような
向きを考えました、被災時の緊急の補助ができるといいですね
d0009738_17320732.jpg
広縁のほうのトイレです、入り口右手のタオルかけを
手摺として活用できるように、丈夫なものを取り付けてます
車椅子利用者の方の立ち上がりにも使えると思います。
d0009738_17333028.jpg
手洗いと、手摺、手洗い水栓はプッシュ式です
視覚に障害のある方はこの狭いトイレのほうが使いやすいかもしれません
d0009738_17323143.jpg
震災時にはタンクが見えてるほうが、給水が楽でしたので、
タンク式の便器を準備しました
d0009738_17325389.jpg
のみ食べを控えても必然的に必要になる場所です
床材が無垢板ですので、冬のひんやり感は削減されます

[PR]
by ogura-j | 2017-04-17 17:50 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
<< ふわり部屋紹介 5 ふわり部屋紹介3 >>