カテゴリ:住みやすい村にしたい( 342 )
熊本地震の其の後道路普及状況
d0009738_5572958.jpg

今朝の熊本の地方紙です、少しずつですが・・・
遅い時間まで頑張っていただいてます

d0009738_5573053.jpg

住まいの近くの道路もかなり出来ました

d0009738_5573079.jpg

山を削り、道路の格好が見えてきます

d0009738_5573098.jpg

田圃の中の道路もだいぶできてきました

d0009738_5573185.jpg

供用が進んでます

d0009738_5573142.jpg

工事車両も別の所に移動してるようです
[PR]
by ogura-j | 2016-11-18 05:57 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本地震の其の後取り組み修学旅行
d0009738_4253219.jpg

和歌山県の小学生が、自分たちで計画して、被災地を見て、学びに来てくれました

d0009738_4253275.jpg

西原村の職員さんも、ボランティアで講師を務めて頂きました、
わざわざ作っていただいた資料、
本当に良くまとまって小学生にもわかりやすかったと思います

d0009738_4253367.jpg

担当の先生ですが、学校の習わしで、先生とは呼ばないのが習わしだそうで
 名前で呼んでまして、一緒に学んでる雰囲気が伝わります

被災した時に、自分の安全の確保と、周りの人達えの
心遣いが出来る様に、日々の防災意識を高めてほしい。

d0009738_4253322.jpg

益城町の被災地を回って、地震の恐怖を見てから、西原村に来られました

d0009738_4253334.jpg

引率の人の見た目と

d0009738_4253335.jpg

自分たちで企画してきた目と、帰ってからの話し合いも勉強になることでしょう

d0009738_4253327.jpg

多くの学校が、修学旅行の行き先を変更する中に、自分たちで、
勉強したいことを選びに勉強に来てくれる、
少しでもお役に立てたならうれしいです。

d0009738_425346.jpg

折角のTVでしたので、観光面も考えるなら、役場の方たちが、
日曜日も返上して、歓迎して頂いた事にも、
触れてほしかった気はしますが・・
生徒さんたちは喜んでくれたことでしょう。

有難うね、熊本復興にも少しづつ頑張ります。
[PR]
by ogura-j | 2016-11-15 04:25 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本地震の其の後修学旅行の六年生
d0009738_4431271.jpg

学校法人 きのくに子どもの村小学校6年生修学旅行
熊本地震の事を知りたいとの事で、阿蘇郡西原村においでいただきました、

子どもさんが、行きたい所や、勉強したい所を探して、みんなで話し合い、
修学旅行の工程を決めてるとの事、
教師は、先生とは呼ばない、ユニークな学校です。

朝早くから、被災時にお世話になった、役場に勤務の方も、
手伝っていただきました、感謝です。

d0009738_4431236.jpg

10時前に駐車場に到着され、時間が限られてるので、即準備

d0009738_443134.jpg

早速、避難所についた一行を案内します、学校長の捻挫の、応急処置、車椅子の準備
(学校長も名前で呼んでます、ひとまとめの先生で終わらないのに共感)

d0009738_4431416.jpg

避難所に入る前に、タイヤを濡れたタオルと、乾いたタオルで拭きます、
タイヤカバーを付けて、避難所に

d0009738_4431459.jpg

視覚障害の方も、周りを確認しながら、避難所に案内します

d0009738_4431367.jpg

受付での名前の確認は、
小学生の代表に任せて、全員の確認、被災当日を再現、

西原村の観光推進協議会より、支援物資も届いております

d0009738_4431348.jpg

役場の方が地震の資料を、大変見やすくまとめて下さって、小学生も熱心に、
見てました。

d0009738_4431434.jpg

すごく、良くまとまってて、この資料をお借りしたいほどです。

当日まで、避難所の話をしてなくて、到着後に、グループを分けて頂き、
それぞれに、車椅子・視覚障害・難聴などの障害のある方を、
避難所に、案内して頂くようにしたのですが、本当にスムーズでした、
普段自発的に行動することを、勉強してることがわかる出来事です。

たいへん楽しい時間でした、応援いただいた、役場の方、包括の方
有難う御座いました。
[PR]
by ogura-j | 2016-11-07 04:43 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本大学医学部
d0009738_4344245.jpg

フェイスブックでの案内を頂いて、興味があり、参加、仕事も押してるが・・

d0009738_4344211.jpg

熊本市内や、近隣の包括支援センター、ケヤーマネージャー、医者・・
行政、フランクに話せる機会が出来ると、楽しい地域ができそうです
[PR]
by ogura-j | 2016-11-04 04:34 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本地震の其の後突貫工事
d0009738_424051.jpg

取り付け道路の工事に伴い、仮設の廃土置き場が出来てます

d0009738_424077.jpg

生活道路の補修もしながらの、取り付け道路工事

d0009738_424169.jpg

残して、将来の復旧工事に備えるところと、撤去しないとできないところ、
大変な工事です

d0009738_424175.jpg

地盤整備された田圃を通る、取り付け道路、農家の人も大変です

d0009738_424137.jpg

山肌が今でも崩壊し続けてます

d0009738_424180.jpg

少しづつ工事は進んでますが、この田舎でも、通り抜けるのに時間が、
かかります

d0009738_424284.jpg

ブルーシートがなくなる分、住まいも解体されていきます

d0009738_424232.jpg

お墓の修理もままならない状況です

d0009738_424210.jpg

復旧工事、色んな方が手伝いに来てくれますが、廃材運搬は、落とさない工夫も
して欲しい
日本の至る所で災害があり、見に行くのもボランティア、なんて馬鹿なことを言った人もいるが、
バスで来て、災害地まで乗り付け、道路の通行に支障をきたしてる、
気を付けて欲しいものです。
地震で緩んだ、田畑は、トラクターもめり込み大変な思いもされてます、
避難所に行けないで、庭先の田畑でしのいでる人もいます、

大変ですが、皆さん、心配下さって有難う御座います。
[PR]
by ogura-j | 2016-10-30 04:24 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本地震の其の後支援いただきます。
d0009738_4425236.jpg

AAR様来所、現地と工房を案内しました
一日も早く完成させたいです。

d0009738_44252100.jpg

国外の団体様からも、mercy relief様からもおいでいただき、現地案内
[PR]
by ogura-j | 2016-10-19 04:42 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
東京都あきる野市里山No3
d0009738_449193.jpg

ああ~、食った食った、食欲の秋です

d0009738_449195.jpg

タニシも

d0009738_449185.jpg

ガマの穂も美味しそうに見える、食欲の秋

d0009738_449116.jpg

荒れた田圃をもとに返したり、水田の水を確保するべく、日々の活動
近くの、保育園の園児さんも、沢山見学に来てました

d0009738_449251.jpg

手狩りの、田圃、大変そうです、
都市部の地下水保全の、最前線です
[PR]
by ogura-j | 2016-10-17 04:49 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
東京都あきる野市里山No2
d0009738_4471582.jpg

それぞれのゾーンに、それぞれの生き物が、
多くの仲間が、共存

d0009738_4471535.jpg

マナー教育の場としても・・

d0009738_4471548.jpg

多くの人が出会える場所としても

d0009738_4471593.jpg

田圃仕事もあるので、シャワー施設も完備してました
いいなあ
[PR]
by ogura-j | 2016-10-17 04:47 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
東京都あきる野市里山 No1
d0009738_4455478.jpg

若い頃にお世話になってた先輩の取り組みを見学させて頂きました
案内頂いた方も、元同僚、若い頃の素晴らしい財産です

d0009738_4455432.jpg

田舎育ちの僕には、懐かしい風情です

d0009738_4455512.jpg

猪の番人も

d0009738_4455557.jpg

ご苦労様です

d0009738_4455562.jpg

多くの、専門家の方がおいでの様です、楽しそう
[PR]
by ogura-j | 2016-10-17 04:45 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
熊本地震の其の後復旧作業状況です
d0009738_446433.jpg

多くの方が来ていただき、復旧工事が進んでいます

d0009738_4464369.jpg

道路の半分は崩落していますが、大型機械が入れない状態の中
着々と

d0009738_4464345.jpg

警備の担当者が不審者の確認に来てます

d0009738_4464390.jpg

なにしてるんですか?
猫と犬を見る機会が増えてます、夕方や朝早くには鹿の鳴き声も、
カラスが一番せからしか!
[PR]
by ogura-j | 2016-10-06 04:46 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)