<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
阿蘇西原村こころのバリアフリーのめざすもの
今回、西原村の民間団体 西原村観光推進協議会の取り組み、こころのバリアフリーをKABTVさんが取材していただけました、NPO法人UDくまもとの永野さん・事務局長の北山さんのご指導も仰ぎながら、手助けのスキルUPも目指して
d0009738_6484569.jpg

今日あらためて、足元をみたら、見落としがありました、反省です
d0009738_6495170.jpg

少ない小さな段差ですが、緊張です
d0009738_6505314.jpg

いつもの練習用の車椅子とは、だいぶ違います・・・・
d0009738_652989.jpg

北山さんのご指導で、ダンダン上手に
d0009738_6533362.jpg

練習の成果が現れてます、お互いにホッ!です
d0009738_6551472.jpg

今回河原小学校の敷地内に新しい多目的トイレが出来てました、各ブースにトイレットペーパ入れはありましたが、神もおそれぬやからの盗難の心配をしてしまいました。
 おしめ交換の台をほしいとの意見も出ました。
鏡も取り付けてありましたが車椅子だと、美男美女の顔のUP、思わず見とれてしまうんではないかと心配です、出れなくなります
d0009738_723687.jpg

仕事が押してて大変でしたが、天気もよく気持ちの一日でした、NPO法人UDくまもとの皆さん有難うございました
[PR]
by ogura-j | 2008-12-13 07:06 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
福祉住宅改修工事熊本市の第一号をさせていただいてから
福祉住宅改修を手がけてから、かなりの年数がたちますが本当に大変な状態です、窓口に申請を出すと、何で、何で、何で、の返事が来ます。
 今まで当たり前のようにやってきてたことが、前例がありません!の一言、でも今までこれでやらせていただいてますよ、と言っても、役所には前例が無いとの事・・・・・
 俺が時代に遅れたのか、市の制度が変わったのか・・・
しょうがいの程度で補助金が変わるのは可笑しいでしょうとの事、僕が思うには杖で歩ける人と車椅子が必要な人ではおのずと補助金が違うと思うんですが、違うのはおかしいでしょうとのことです。
 でも、自立生活が助けを借りながらでも出来る状態が出来るのは嬉しいことです。
今回の住宅改修は、アパートの改修でした、アパートにしても、一戸たちにしても持ち主の方のご理解が不可欠です、でも、最終的には現状復帰が条件としてついてくることが多いです、前回の改修工事の時には、市の委託設計事務所の方が、現状復帰のお金はどうするんですか、工事業者の範囲で出来ますかとの事・・・・
 少ない予算で生活しやすいように考えに考えて、改修を考えてるのに・・・大変です、この制度が出来た時には、大工さんが取り組みやすい制度にとの話があったのに、図面には使用する材が窓口の担当に解るように書かないとだめでしょうと、チャンと伏せ図を書き直して来いとのこと、何であんたらが図面チェックに入るの、窓口がわからないからでしょう!とは、言えなっかた。
図面に時間掛けると経費が上がりますよ、工事の出来る部分が減りますけどいいんですか。
先生いわく、当たり前でしょう・・・何のために設計事務所がチェックに入るのか解らない
 他の機関が市からこの委託を打診された時に、あまりの金額の安さに断られたいきさつがあるとの事ですが、大変なんでしょう、前には市の担当の方に建築士の方が居られたんですが現在はどうなんでしょうね

玄関から部屋に入れませんのでテラスの方から入る事にしました、現状の写真
d0009738_21263189.jpg

外部の雨の当たるところはコンクリートにしてます、仕上げを箒引きにすると砂が浮きますので金鏝押さえにして、型押さえにしてます、駐車場なので車を入れるのに邪魔に成らないように片方の車止めは付けてません、後で砂利で段差をなくしてます
d0009738_21285638.jpg

ここに、木製スロープを計画、現状復帰・夏の室内への照り返しを考えると木製がいいのでは無いでしょうか、勿論防腐処理してます
d0009738_2132159.jpg

左側の手摺が高いのは、布団が干せるようにと考えてますが・・・・が有った事もあります
今回は、スロープの高さが1CM図面と違いますねとのご指摘〔テラスには水勾配がついていますよねどっちで計りましたなんてとてもいえない内気で気弱〕
d0009738_2134439.jpg

畳部屋をフローリングに張替え
d0009738_21351361.jpg

電動車椅子を使う可能性が大きいので、捨て張りをして二重構造にしてます
d0009738_21363920.jpg

車椅子だと畳を嫌う傾向がありますが、冬の寒さ・転倒のときの危険回避を考えると畳みもいいと思います
d0009738_21384461.jpg

寝室との事で、予算を落とすために捨て張なし、見た目には解りません
d0009738_21403037.jpg

台所の流し台は現状のを使います
d0009738_21411975.jpg

少し埋め込み、扉をはずして、車椅子の足載せが流しに入るようにします
d0009738_2143543.jpg

計画が始まったのは20年6月  完成引渡しはどのくらいかかるんでしょう

数年前熊本県がリフォームヘルパーの育成にとの講習会があったときに講習会のお手伝いをさせて頂いたんですが、自分達も三角まで仲間が手伝ってる講習会を受けにいったんです・・その時の説明に、今回の講習会の受講者は各市町村の役場に名簿を残しますと説明があったのに、どこにあるんでしょうね・・・・現在リフォームヘルパーの名前は一人歩きしてますが姿が見えない    さみしい独り言  負苦死行政カナ
[PR]
by ogura-j | 2008-12-11 22:14 | 血圧が上がりそう | Comments(0)