<   2011年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
今のところ暖かい熊本です
明日から師走、追い込みに入ります
d0009738_785583.jpg

ハヤ!!
雪が降らないとソリが重たいんです、サンタさんともソリが合わなくなりそう、煙突も使わなくてよいような日が続いてます
[PR]
by ogura-j | 2011-11-30 07:08 | リフレッシュ  | Comments(0)
忘れ雲
夏を満喫できなかった、心残りですかね
d0009738_17182724.jpg

阿蘇に夏の雲が
季節忘れております
[PR]
by ogura-j | 2011-11-29 17:18 | リフレッシュ  | Comments(0)
美味しいデコポン、皆さん頑張って美味しいものを作ってます
よく食べてはいるのですが、収穫前のミカンの木になってる未完の状態は初めて
d0009738_1402021.jpg

甘酸っぱさそうな感じがタマタン
d0009738_1402061.jpg

大きいのが鈴なり、待ってるよ!
d0009738_1402013.jpg

三角半島南側から、甲佐岳がきれいに見えてます素晴らしい眺めです
[PR]
by ogura-j | 2011-11-28 14:00 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
水の恵み
d0009738_5412199.jpg

球磨川の鮎25センチです、ふつうの大きさ
F3A6.gif
[PR]
by ogura-j | 2011-11-28 05:41 | Comments(0)
使えるもの、外出する時の鍵
自転車の鍵が使えそう
d0009738_6202365.jpg

同じ種類でも微妙な違いが、使えるのはドッチ
鍵の滑らかさや向き
d0009738_6202318.jpg

鍵の握りやすさ、穴の大きさ、向き、壁からの離れ
d0009738_6202333.jpg

電動車椅子の充電器えの差込やすさ、差込を使うのは一箇所だが、押さえなど考えると大きい方が使いやすい、なれもあるかもしれないが・・・
使えるものにたどり着けるかな、自分一人で外出したい
[PR]
by ogura-j | 2011-11-24 06:20 | バリアフリー | Comments(0)
勤労感謝の日
一日働いて感謝してると、我々だけでなく仕事してる・・・
d0009738_2105622.jpg

僕のクローわかりますか?
d0009738_210566.jpg

仕事頑張っているよ
お疲れ様
[PR]
by ogura-j | 2011-11-23 21:00 | リフレッシュ  | Comments(0)
のどかな秋のひととき
ようやく初冬の風情
d0009738_1754198.jpg

温かい空気と寒気がせめぎあい、景色に歓喜!
d0009738_17541929.jpg

人は時間に追われ
トンボは季節に追われ
[PR]
by ogura-j | 2011-11-22 17:54 | リフレッシュ  | Comments(0)
今朝の熊日新聞
昨日の様子
d0009738_8295172.jpg

多くの問題がありそうです
[PR]
by ogura-j | 2011-11-21 08:29 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
障害者総合福祉法熊本フォーラム
多くの参加者を集め熊本フォーラム開催
d0009738_20411310.jpg

それぞれの思いがある中に団結して明るい明日のために
d0009738_20411347.jpg

東俊裕さんも頑張っていただいてます、ヒューマンの山下さんと同じく、
東さんの雰囲気がやわらかくなった気がしました、ご苦労されてるのでしょう
d0009738_20411340.jpg

東さんご苦労様でした、我々も頑張ります
[PR]
by ogura-j | 2011-11-20 20:41 | 住みやすい村にしたい | Comments(0)
山思う
税金の使い道、税金は国民の生活互助のお金、皆で出し合ってるお金です
国や県がくれるものではないです、有効に使う手立てを考えてください
d0009738_5523849.jpg

山は街を支えております

戦後の拡大造林に多くの税金が使われ無計画に植林された場所も多くあります
植林時期に販路予定していたといわれる、電柱などもコンクリートの素材に変更されたり
戦後の住宅難の時に活躍した仮設住宅のプレハブ住宅に販路を譲ったり
多くの”想定外”が混在してると思いますが、山の手入れなど届いてないのは確実です

現在どこの県の木材市場でも近隣の他県の木材丸太が来てるると思いますので、県産材での補助金は地域材の活用で良いのではないでしょうか、もし、補助金が出せるなら若者の育成を考えて、墨付けて手刻みをした住いにこそ補助金がほしいものです、建築業界の未来にも、林業と平行して若者の育成を考えてほしいものです。

材木の利用ばかりでなく、長年培われた山の技術も伝承できるといいですね、山を傷めないヤエン〔テッサク〕山から山にワイヤーを張り集材する技術の伝承者もいなくなりつつあるんです。

今の時期植林の再生を考える時に、国・県などの山は植林しないで自然林に返すと、地域に会う植生に帰り、地下水保全も・山の中に魚も帰ってくるのではないでしょうか

まずは、一人一人が木を植えることから「自分たちの子孫に健全な山を返す」やるき!
心に一本「やるき」を植えましょう、手入れは大変ですが・・・

山の人達の頑張りで街の生活水は守られてます、山を支援するのでなくお互いが思いあう
支縁の時期になってると思います、山を考えて見てください、山に行ってください、山人とつながってみてください
[PR]
by ogura-j | 2011-11-19 05:52 | 山を考える | Comments(0)