熊本地震 地域の復活と嬉しいボランティア
約束の時間を間違えて、一時間遅れで参加
地域の受水槽の掃除、友達の息子さんたちが応援に来てくれました
d0009738_52808.jpg

偶然にも宮崎の諸塚村からの参加者の方も美晴台においでいただきました
工房の木育坊主も地震以来寝てましたが、今日起こして頂きました
この工房は宮崎諸塚村の材料でできてます、建物自体に損傷はありませんが
お隣の石垣が壊れて来てます
d0009738_528061.jpg

備蓄の瓦の引き出しに協力頂き、一安心
d0009738_528063.jpg

工房の前の県道28号線も亀裂が
個人的にボランティアに来てくれた外国生まれ日本で生活されてる、
青年と近くを見て、地震の凄さに驚嘆です
d0009738_528032.jpg

未だに復興途中のライフライン、一日も早い復旧を願うばかりです
d0009738_52802.jpg

[PR]
by ogura-j | 2016-05-15 05:28 | リフレッシュ  | Comments(0)
<< 阿蘇西原村工房、ヤット来ましたよ。 熊本地震 いまだに瓦補修 >>