人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ゴールデンウィーク
世の中今日(27日)からゴールデンウィークとのことですが、こんな天気が
続くと、県道28号線は大渋滞になりそうです。
阿蘇山の噴煙
d0009738_08204710.jpg

連休とのことで、空の便も込み合ってます
熊本地震の復興工事も連休になるのかなあ
d0009738_08204726.jpg

季節柄、こんな光景も蜂球発見
d0009738_08204798.jpg

工事で本来の道が通る事が出来ませんが・・・
d0009738_08204771.jpg

お陰様でこんな楽しみに出会えます
d0009738_08204757.jpg

この巣箱を準備してるときに、蜂球発見ですが、かなり小さい
d0009738_08204855.jpg

前から準備してた材料で重箱タイプも作ってみました
d0009738_08204865.jpg
端材もありそうですが、使えるものは少ない・・・
休みで良かった💛

by ogura-j | 2019-04-30 08:20 | リフレッシュ  | Comments(0)
熊本県運動公園 3
台のカバーの下の掃除が大変そうです
d0009738_14132532.jpg

緊急用のひもが長すぎて引きしろがない
d0009738_14132578.jpg

シャワー室、背が高い人への配慮とのことです
d0009738_14132521.jpg

他の所のシャワー室、入り口近くにドレーンがあったほうがよさそう
d0009738_14132582.jpg
出来てるものを見てクレームをつけるのはたやすいけど、どれだけ
いいところを持ち帰り次に生かされるか・・・勉強になります。
有難いことです。


by ogura-j | 2019-04-22 14:13 | バリアフリー | Comments(0)
熊本県運動公園 2
UPで見るとわかりやすいのですが、案内が小さいですね
d0009738_11385838.jpg

これは手振れもあって余計にみにくいです
d0009738_11385905.jpg

この案内も場所を探すのが大変でした
d0009738_11385950.jpg

世界の各地から御出でですのでこのタイプも必要でしょうが
立ち上がりなどの手摺は?
d0009738_11385982.jpg

このタイプの小便器は床の掃除がしやすい
手摺も奥の小便器についてるので、車椅子の方が使用されるときに
車椅子を置いて立ち上がられても車椅子が邪魔にならない
d0009738_11385995.jpg

通路の照明との関係で見やすいピクトグラムとそうでないものが解る
d0009738_11385915.jpg

車椅子席が対面からは解りやすいが、時間が無くて裏からは
確認できてませんでした
d0009738_11385940.jpg

世界からのお客さんに喜んでいただけるように準備中
d0009738_11385913.jpg
多くの方に来てほしい

by ogura-j | 2019-04-22 11:38 | バリアフリー | Comments(0)
熊本県運動公園 1
国際的なイベントを控えて、バリアフリーを考える
ラグビーワールドカップと女子ハンドボール世界選手権
熊本にやってきます
d0009738_11352685.jpg

日程です、切符インターネット販売中
d0009738_11352655.jpg

くまモンも営業中
d0009738_11352675.jpg

早速建物を見せていただきました
d0009738_11352693.jpg

上下同じ位置のトイレの案内ですが、照明の位置関係で見え辛さが出てきます
d0009738_11352663.jpg

パネルの中に光を発する状態の物を使うか、このサインに照明を当てると
見やすいのではないかとの会員のアドバイス
d0009738_11352651.jpg

建物の通路に面するところで通路が外部に面してないので照明が暗い感じがします

by ogura-j | 2019-04-22 11:35 | バリアフリー | Comments(0)
通行止め解除
熊本地震の前進の時には、揺れたけど、このくらいで良かったと
安心したのですが
d0009738_09391651.jpg

工事現場の事務所が至る所に出来てます
d0009738_09391671.jpg

県道28号線もこの秋までは通行できないようです
d0009738_09391636.jpg

もともと地盤が弱いところで、色んな対応策が考えられたそうですが・・
d0009738_09391666.jpg

TVにはあまり報道されませんが、古閑地区も大変な状況は変わりません
d0009738_09391626.jpg
集落の道路整備が遅れてますので、工事に着手できない地域もまだ沢山あります。
明日で、丸三年

by ogura-j | 2019-04-15 09:39 | 熊本地震のその後 | Comments(0)
熊本地震のその後、地域の復興三年目
工事の方も朝早くから現場に出ておられます、実労働は音の関係で
出来ませんが、段どりなどの確認のようです
d0009738_09132561.jpg

河川の整備が出来て田圃の整備も進んでいます
d0009738_09132553.jpg

広範囲の宅地の整備、風当地区
d0009738_09132528.jpg

この付近の住まいは解体が終わり、雑草が生え始めてます
d0009738_09132511.jpg

とは言いながら、仮設の人もかなり住まいが落ち着いてきてるようです
d0009738_09132643.jpg

仮設の車も減りました
d0009738_09132632.jpg
これから、仮設を統合されるようですが、今まで築いてきた
仮設でのコミュニティが改めて作り直されることになることえの不安も大きいようです
日本のどこも同じですが、高齢社会が抱える問題が顕著に表れてるようです。
意外だったのが、色んなストレスを抱えてる年代は、四十代・五十代が多いそうです。
多方面に責任ある世代ですので・・・難しいですね。

by ogura-j | 2019-04-13 09:13 | 熊本地震のその後 | Comments(0)
熊本地震のその後、地域の復興三年目

大切り畑大橋の柱もかなり補強されました
d0009738_08583461.jpg

大切り畑大橋の歩道部分の工事が終わってない模様
d0009738_08583596.jpg

大切り畑地域の遠景です、残った建物も無いほうが道路復旧などには
効率的との話も出るようですが・・・
d0009738_08583550.jpg

橋の補強が終わり、用水路の工事に移る準備みたいです
農業用の水路の工事をするための取り付け道路の準備
d0009738_08583565.jpg

田畑の整備も進んでます
d0009738_08583528.jpg

今回の復興工事では地域の農道などがかなり活用されてます

by ogura-j | 2019-04-13 08:58 | 熊本地震のその後 | Comments(0)
熊本地震のその後、地域の復興三年目
ご先祖さんも気になるでしょうが・・・擁壁が手付かずです
d0009738_08462225.jpg

道路の整備状況はこれからの地域発展にも影響してきます
d0009738_08462284.jpg

大切り畑大橋の場所は橋の建設時から地盤が弱いとわかってたらしいですが
予想を上回る大きさの揺れだったのでしょう
d0009738_08462281.jpg
 

大切り畑の道路整備が始まってます、これが終わらないと
住まいの復興は望めません
d0009738_08462359.jpg

農業用の用水路の復旧工事も始まります
d0009738_08462312.jpg
広範囲の工事で順番の設定も大変そうです

by ogura-j | 2019-04-13 08:46 | 熊本地震のその後 | Comments(0)
熊本地震のその後、地域の復興三年目
大切り畑地区の現状です
d0009738_08293112.jpg

住宅の建設が始まったところと
d0009738_08293160.jpg

一応住まいが出来てるところと
d0009738_08293155.jpg

のり面の修復が始まった所と
d0009738_08293170.jpg

手つかずのところ・・・
d0009738_08293125.jpg
仮設住宅にお住まいの方や、子供さんが地震の後、地域での怖かったことが
忘れられないとのことで地域を離れられた方もおられます、
住まいが出来たかはわかりません

by ogura-j | 2019-04-13 08:29 | 熊本地震のその後 | Comments(0)
熊本地震その後、地域の復興三年目
県道は現在大切り畑大橋の工事が未完成で通れません、迂回します
d0009738_08171752.jpg

工事車両の進入口が確保されていますが、開通の日時は不明です
d0009738_08171743.jpg

今回の調査で溜池の中央部分に活断層が見つかったとのことです
d0009738_08171758.jpg

地震での地割れなど目立たなくはなりましたが・・・
d0009738_08171770.jpg
梅雨時の大雨がどのように影響するのか心配はあります

by ogura-j | 2019-04-13 08:17 | 熊本地震のその後 | Comments(0)